子供とART

11月18日

昨夜は、私が眠りについた3時間後(am3:00)に旦那さんと息子が起床。

音がうるさく、結局あまり眠れなかった。

身体は重いし、眠たいしで今朝は旦那さんも私もヘロヘロに。笑

子供がいない時は、好きな時に好きなだけ眠れたから時差ボケで苦労したことはなかったが、子供の身体は正直でパワフル。

リズムが違う。

結局大人だけ一週間くらい夢の中にいるような感じになる。

キツイけれど、まあ仕方がない。

今日は、家族でwest villedgeに出来た「children’s museum of the arts」に行ってみることにした。

UBERに乗り、あっという間に到着。

中を覗くと、キッズ達が思い思いに何やら創作している様子。

何だか面白そうなことが色々出来そうな感じだぞ!

受付でまず、"粘土"と"音楽作り"のワークショップ、というのを予約してみる。

待ち時間は、フロアにある色々なアーティストの絵や写真を観たり、五感を使ったアート作品で遊んだり。。

f:id:hynm_momou:20181118104104j:plainf:id:hynm_momou:20181120190818j:plain

f:id:hynm_momou:20181120190900j:plain

f:id:hynm_momou:20181120190941j:plain

あっという間に粘土ワークショップの予約時間が来て、名前を呼ばれる。

子供達は、大人のカクテルバーカウンターのような場所に座らせられる。

f:id:hynm_momou:20181118103538j:plain

f:id:hynm_momou:20181120191742j:plain

今日のテーマは"Big Cat”。

自分の好きなネコ科の動物達を造るようだ。

息子は、ライオンにする🦁と、決め それぞれ粘土の色をカウンターのお兄さんに注文する。

“Yellow please!”

英語圏の子供達と一緒にするワークショップ。なんとなく話せるけれど、まだまだネイティブには程遠い息子。

ドキドキしながらも、しっかりコミニュケーションをとる姿をみて私も嬉しくなる。

インストラクターのお兄さんが顔の造り方をレクチャーするが、息子は、自分流で造っているのも興味深かった。

f:id:hynm_momou:20181120191951j:plain

出来上がりは、この通り。

f:id:hynm_momou:20181120192034j:plain

作品は、紙袋に入れて持って帰れる。

お次は、音楽作り。

ラジオ局か音楽スタジオのような場所に子供だけ通され、親たちはガラス窓の向こうから様子を覗くだけ。

音は、全く聞こえない。

f:id:hynm_momou:20181120192148j:plain

今回は、息子ともう1人の男の子2人の参加。

外でみている男の子のお父さんとおしゃべりしながら、息子達の様子を伺う。

日曜日になると子連れのお父さん達で賑わうNYC。彼らもNYに住む親子で、お母さんが今日は 家で仕事をしているそうだ。

ギター、鉄琴、木琴、太鼓にキーボードなど次々に楽器を与えられ、思いのまま弾いてみる息子達。

f:id:hynm_momou:20181120192244j:plain

暫くして 私達も中に通され、息子達のセッションをレコーディングしたものを聞かせてもらった。

彼らの音楽は、ハッピーで乗りの良いジャムロックのような感じ?笑

後からメールでmp3が送られてくる粋な計らい。

その後は、クルクル回る不思議なアートのような椅子で暫く遊び、共に音楽を作った男の子、ベンジャミンと意気投合して 走り回る。

f:id:hynm_momou:20181120192329j:plain

f:id:hynm_momou:20181120192424j:plain

2人で楽器作りのコーナーへ走って行き、親達はそれを追いかける。

久しぶりに子供と遊べて、息子はとっても嬉しそう。

パパ達に手伝ってもらい、素敵なギターも完成!

f:id:hynm_momou:20181120192534j:plain

f:id:hynm_momou:20181120192601j:plain

お腹も空いたので別れ惜しくも仲間とハイファイブしてお別れした。

近所に、こんなにセンスが良くて自由な子供向けミュージアムがあるのは、羨ましいなぁ。

大人も楽しめる本物のアートと 、堅苦しくなく自由に触れ合う。NYらしいセンスに溢れていた。

アートを身近に感じられるこんな場所が、いつか日本にも出来たら楽しいね!

昔、よく行った日本料理屋「EN」でおいしいランチをいただいて、当時住んでいたアパートメントの前を通りすぎる。

思い出が色々と蘇ってきて、懐かしかった。

時差ボケは、まだまだ続く。

息子の瞼も重たくなってきたし、

そこからUBERを呼び、夜は、ゆっくり部屋で過ごした。

Go Shopping !

11月17日

今日は、NYに住んでいる幼なじみのひろみとShopping♩

旦那さんは、友達と息子と一緒に美術館やスタンリーキューブリックの写真展へ行くと言って先に出かけた。

ゆっくりとシャワーを浴び、初のUBERを呼んでみる。

私が住んでいた頃はなかったUBERだけど、安いし楽だし、なんて便利なんだ!

なかなかタクシーが捕まらないNYには、ぴったりなシステムだと思う。

グランドストリート沿いビルの2階でやっている『MARYAN NASSIR ZADEH』のファミリーSALEでひろみと合流。

ぐるっと一回りして、色々合わせてみる。

奥の靴コーナーが楽しすぎて、箱の中身を覗いては試し履き。

とても安くなっていて、ひろみは三足、

私は、二足の靴を買う。

初っ端からなかなか良い買い物が出来、満足する○

f:id:hynm_momou:20181117133326j:plain

お腹が空いたので UBERでwest villedgeへ向かい、ひろみおすすめの台湾teaサロン『TE CAMPANY』へ。

ここは、私が5年前に住んでいたエリア。

ヨーロピアンな古い建物が沢山あり、ロマンチックな雰囲気が漂っている。

私にとって NYで1番好きな思い出深い場所でもある。

そのお店は、私が住んでいた時にはまだなかった新しいお店のようだ。

f:id:hynm_momou:20181119122722j:plain

ひっそりと佇む店のドアを開けると、小さくてお洒落な店内の一角に少しだけ座るスペースがある。

中に入ると、香ばしいお茶の香りに包まれて なんだかホッと癒された。

ここでは、種類豊富なお茶と 台湾のおふくろの味「魯肉飯」が味わえるという。

早速、お茶とご飯を注文。

お茶は、沢山あって選べずおすすめを頼んでみる。

暫くして、NY版の洗練され 丁寧に作られた魯肉飯と香りの良いお茶がやってきた。

温泉卵も付いている。

う〜ん。。すごく美味しい。

f:id:hynm_momou:20181119122758p:plain

年々、アジアのご飯が心と身体に沁みるようになってきた。

疲れた時は、ごはんに限る。

アジア人で良かった!と、思う瞬間だ○

旨いごはんを食べながら、15からの幼なじみ、ひろみと久しぶりにゆっくりおしゃべり。

積もる話が止まらず、語りまくる。

NYにかれこれ8年いる彼女。

楽しいけれど、生活するには過酷なNYで1人、本当によくやっていると思う。

f:id:hynm_momou:20181117142353j:plain

追加に別の種類のお茶とチーズケーキも注文。

どれもとってもよい味がした。

お店を出て、またぷらぷらとSOHOまで散歩する。

途中で安くてかわいいピアスを買ったり、色々試着したりしながら、2年前にも行った「The apartment by line」へ。

前回、シャンパン🍾をご馳走になったお兄さんが覚えていてくれ、今回もシャンパンを開けてくれた。

優雅に飲みながら、気分も上々○

上品で美しい靴達はどれも魅力的で履き心地、形も完璧。

買わないという選択肢はもうなくなってしまう。笑

迷った末、私は素敵なローファーを購入。

お兄さんも私達も、お互いに幸せな気分。

なんだか、今日は靴の日だったようだ。

別れが名残惜しく、「JACK’S WIFE FREDA」で軽くお茶とスナックを頼みもう少しおしゃべり。

f:id:hynm_momou:20181117211940j:plain

f:id:hynm_momou:20181117211905j:plain

隣に座っていたfilm makerの人と友達になる。みんな本当にオープンだ。

宿までぷらぷら歩いて帰る。

こんな気ままな過ごし方は、いつぶりだろう?

沢山歩いて時差ボケも大分抜けたかな?

ゆっくりゆっくり。

11月16日

昨夜は、息子がなかなか寝付けず 寝たり起きたり。。なんとか少し眠れたので身体もちょっと回復したかな。

朝 お腹が空いてきたので、お店が開く時間に3人で近くのオーガニックスーパー "UNION market"まで散歩する。f:id:hynm_momou:20181117211313j:plain

f:id:hynm_momou:20181117211343j:plain

雪も止んで、今日は晴れ間がみえる。

風が吹くと氷のように冷たいし、歩いていないと凍えそうだけど、ヒートテック2枚重ね(1枚めは極暖)は 思った以上に優秀で、この分だとこれに軽めのアウターがあれば夜でもなんとかなりそうだ。

息子は、楽しそうにおしゃべりしたり、歌ったりしながら NY散策を楽しんでいる。

3歳の時は、ベビーカーも持ってきていたなぁ。よく歩けるようになったものだ。

f:id:hynm_momou:20181117211600j:plain

マーケットでは、朝食用のヨーグルトやパン、チーズ、牛乳などを買い込む。

デリの、サンドイッチも買ってみたよ。

久しぶりのNYオーガニックスーパー。

世界中の食材があって、種類も豊富で楽しい。

帰って、部屋で朝ごはんを食べ終えると どんどん身体が重くソファーに沈んでゆく。。

あぁ、時差ボケってこんな感じだったっけ。

今日は、ゆっくりのんびりが良いな。

f:id:hynm_momou:20181117211038j:plain

f:id:hynm_momou:20181117211110j:plain

窓から流れる雲を眺めたり、ウトウトしたり、午前中はダラダラと過ごす。

f:id:hynm_momou:20181117230829j:plain

午後から、SOHOエリアを散策。

久しぶりにセレクトショップもチェックした。

センスも良く、広い空間の中 ゆっくり買い物するのは やっぱり楽しい♩

私は、かわいいジャケットをゲットしたよ。

知らずにSALEで40%オフ!

そうだ。今はサンクスギビング前のSALEの時期。

なんだかすごく得した気分○

買い物欲に、火が付きそう。笑

ハイパーだった息子の電池が切れそうなので、急いで宿へと戻る。

PM15時。

ソファーに横になった息子は溶けるように寝てしまった。

旦那さんは、友人達と久しぶりにキャッチアップする為 出かけたが、私は 息子と部屋で過ごすことにした。

夜は、餃子とご飯を下のレストランでピックアップしてお部屋で食べた。

ああ、快適。笑

5年前に住んでいたNY。

観光も充分したし、この街ではただただ予定も決めず暮らすように過ごすのがよい。

時間は、まだまだたっぷりある。

あわてないあわてない○

一休み一休み。

f:id:hynm_momou:20181117211631j:plain

NY

11月15日 (.後半)

f:id:hynm_momou:20181117154208j:plain

飛行機は、無事着陸。

窓を開けると、NYは想像以上の大雪だった。

乾燥や空気のせいか、くしゃみや咳が止まらずどっと疲れが出る。

f:id:hynm_momou:20181115160012j:plain

2年前の入国審査では、アメリカ人の旦那さんとUSパスポートを持つ息子と共にUS citizen側から入国したのだが、案内の人に "ルールが変わったので私だけあっち(ビジター)に並べ。"と言われ 1人ビジターの最後尾へ向かう。

それが、信じられない程 長い行列!

これでは、私だけ2時間くらいかかるわ〜。

前回来た時と違うのは、丁度選挙前で オバマ大統領だったからかなぁ。なんて、思ったり。。

暫く待っていると、旦那さんと息子が迎えに来て「大丈夫だから一緒に行こう。」と。

この展開をちょっと期待していた自分がいたけれど、じゃあ、さっきのは一体なんだったの?!

まぁ、そういうことも旅にはよくあること。

兎に角、スムーズに外に出ることができてよかった○

タクシーの運転手さんは、アフリカ系のおじさんだった。

運転中、友達と楽しそうに電話しながら(笑)、大雪の中 他の車を縫うように追い越し走って行く。運転も上手く、楽しそうに仕事をしているので こちらもなんだか笑顔になる。

ちょっとハラハラしながらも、おじさんのアフリカンな言葉のリズムと陽気な笑い声が耳に心地よく 思わず深い眠りに落ちた。

空港からマンハッタンまで2時間かけ到着。

宿のあるストリートが車通行止めになっていたので、 眠っていた息子を起こし 雪の中其々 荷物を運んで歩く。

途中、雪で荷物が運べず困っていると、ラテン系の素敵なお兄さんが笑顔で手伝ってくれた。

あ〜そうだ。NYのこういう所が好きなんだった。

過酷な環境でも、みんなが自然に助けあっている。

素敵な人にこうして助けられたり、会話を交わしたりするだけで、パワーをもらう。

それを見た子供は、自分も自然に手を差し伸べるようになるだろう。

大事なことだな。と、改めて思った。

今回決めた最初の宿は、半年以上前にair bでみつけ予約した。

しかし、2ヶ月程前、突然相手側からキャンセルされ、急遽 別の宿を取ったのだった。

バリでは、現地に着いて宿泊の前日にキャンセルされ 焦ってホテルを探したこともある。

子供がいると、暮らすように滞在出来るair bは とても有り難いが、やはりホストによって当たりハズレがあるのは否めない。

今回のイーストビレッジの宿は、ギリギリでとった割に場所も便利だしよかったな。

一階はラーメン屋だし、この辺りは日本食レストランが密集しているので 子供の食事にも困らない。

昔住んでいたウェストヴィレッジの部屋に造りが少し似ている気がする。

荷物を置いてから、2ブロック先の美味しいうどん屋で夕飯を食べる。

近くにいた友達のひろみと久しぶりに合流。

疲れもピークに来て、今日は早々と休むことにした。

おやすみなさい😴

つづく、、

on the air...

11月15日

今は、NY行きの飛行機の中。

今年の1月に決めてから、ずっと楽しみにしていた今回の旅。

ここまで、何気にあっという間だったなぁ。

時が経つのが年々早い。

余裕を持って空港へ来た筈なのに、ESTAの申請をうっかりしておらず、バタバタの搭乗。笑

チェックインカウンターで 私だけ乗れないかも知れないけれど、息子さんと旦那さんだけでも行かれますか?と聞かれ、ドキドキしながらその場で申請。。

結構時間がかかるのよね。

前にも1度やったことがあるから、(おいおい)きっと大丈夫と思いながらも しょっぱなからヒヤヒヤの珍道中○

おっちょこちょいで行き当たりばったりの私の旅は、しょっちゅう ギリギリセーフ!のようなことが起こりがち。

だけど、大抵どうにかなる。

今日も冷や汗をかき、"絶対に行く!"と念じながら、こういうことを案外楽しんでいる自分がいるのかも。と、思ったり。笑

準備、計画は前々からしっかりめなタイプの旦那さんには、いやいやそれは違うだろう。ちゃんと前もってやっておけ。と言われたけれど。(正論。w)

兎に角、無事飛行機に乗ることができて本当に良かった○

皆さんも、ESTA申請 お忘れなく!

f:id:hynm_momou:20181115161239j:plain

機内では、既に「オーシャン8」「マンマ・ミーア ヒア ウィー ゴー」「アバウト・タイム〜愛しい時間について〜」の3本の映画を鑑賞した。

なかなか寝付けずに、これを書いている。

乾燥するし、息子が椅子を占領して寝ているので態勢もキツイ。

それでも私は、飛行機に乗っている時間が結構好きだ。

思う存分 映画を観て、本を読み、日記を書く、、それしか出来ることがないので、罪悪感も持たずに好きなだけ。❤︎

なんて贅沢な時間なんだろう!

子どもを持った今は、特にそう思う。

最後になんとなく観た「アバウト・タイム」が凄く良くて号泣だった。

当たり前のような今 この瞬間を大切に楽しみながら生きる。

普段は 忘れてしまうけど、

本当にそれだけが、人生の醍醐味なんじゃないかな。

旅に出ると、それをよりクリアに感じられる。

今回の旅がまた新しい気付きや学びのきっかけになるとよいなぁ、と思う。

色んなことが起きるけれど、

全てを何処か俯瞰でみて面白がれるようで在りたいな。

NY、着いたら極寒、初雪らしい。。

今回は、その後南国に行く予定なので分厚いコートを持って来ていない。

久しぶりの冬のNY。

空港を出た時の寒さが恐ろしい。笑

ヒートテック2枚重ねでなんとかしのげますように。

息子は、3才の時から2年ぶりのNY。

一緒に映画を観たり、美術館にも行きたいね。

しばらく、旅のリポートお付き合いください○

デスバレーと加地邸

一昨日は、ハワイから帰ってきたばかりの幼なじみ、まいこ(市川)と ちょっと久しぶりのSunny&sonsのがしちゃん夫婦と近所のお寿司屋さんで待ち合わせ。

ランチの後は、たかし君 (Takashi Kumagai)の写真展を観に噂の”加地邸”へと向かう。

細く緩やかな坂道を少し登ると、石造りの美しいお屋敷に到着。

小さい頃から葉山に住んでいたけれど、こんな建物があったなんて全然知らなかった。

建築家・遠藤新が1928年(昭和3年)に建てたというこの別荘。

彼は、フランク・ロイド・ライトが「東京帝国 ホテル」を建てる時にもスタッフとして重要な役割を果たしていたそうだ。

建物のあちこちに施されている細かい装飾や、家具、窓の使い方、家の構造、、どこをみても特別でオリジナルで美しい。

f:id:hynm_momou:20181103225606j:plain f:id:hynm_momou:20181101134206j:plain f:id:hynm_momou:20181103225713j:plain

こんな贅沢な木材の使い方は、もうなかなか出来ないんだろうなぁ。

素晴らしい空間に、音楽とTakashiくんの撮った デスバレーの写真が見事に溶け合っていた。

f:id:hynm_momou:20181101133923j:plain

この日は、気持ちのよい秋晴れ。

建物に差し込む柔らかい光がノスタルジックな雰囲気を盛り上げる。

時間の流れが止まったかのような感覚。

昭和初期の葉山にタイムトリップして、当時の彼らの暮らしを実際に覗いてみたくなった。

f:id:hynm_momou:20181101135547j:plain

お庭で、美味しいコーヒー☕️をいただきながらゆっくりおしゃべり。

途中で、Takashi君と、奥さんのみぃちゃんも登場して、 優雅で素敵な時間を過ごすことができたよ。 f:id:hynm_momou:20181103230115j:plain f:id:hynm_momou:20181103230131j:plain

夢の本棚

一昨日、ハワイから来ている旦那さんのお姉ちゃんカップルと一緒に箱根の温泉へ一泊して来た。

常夏のハワイに住むTiffanyTravis

温泉は、初体験だという。

彼らの希望の宿が取れなかったと聞いたタイミングで たまたま見つけた「箱根本箱」という新しいホテル。

調べてみると、温泉と本が堪能出来るホテルのようだ。。どちらも大好物な私には 堪らないコンビネーション。

スタンダードの日本らしい温泉を知らない2人には そちらの方が良かったかしら?とも思ったが、そちらはまた次の機会にということで、今回はちょっと新しい温泉宿を体験することにした。

Billsで美味しい朝食をとって、海沿いをしばらく走る。

今日は、富士山🗻もとても良く見える。

清々しいお天気だ。

f:id:hynm_momou:20181031144623j:plain

渋滞もなく、スムーズに箱根に到着。

1年半前にも来た「彫刻の森美術館」へ立ち寄る。

まだまだ 目が離せなかった息子も5歳になり、今回は アスレチック的なものもどんどん1人でやるようになったし、アートも楽しく一緒におしゃべりしながら鑑賞出来るようになった。

たった1年半でこんなにも変わるんだなぁ。

子供の成長は、本当に早くてびっくりする。

f:id:hynm_momou:20181031144454j:plain

f:id:hynm_momou:20181031144725j:plain

新しい子供用のアトラクションが出来ていて、息子も嬉しそうに夢中になって遊んでいた。

これはすごく楽しそうで 羨ましかった。。

f:id:hynm_momou:20181031144901j:plain

f:id:hynm_momou:20181031144920j:plain

f:id:hynm_momou:20181031145036j:plain

一人っ子の息子は、見た目は強そうだけれど、どちらかと言えばメローで穏やかな性格。

大人と過ごすことに慣れていて、あまり手もかからない。

それでも時々「子供と遊びたいなぁ!」と、ポロっとこぼす。

旅は楽しいけれど、大人ばかりの環境じゃ退屈よね。

思いっきり発散してくれると、私も嬉しい○

思う存分遊んでから、ピカソ美術館へ移動。

ピカソおじさんは、こどもみたい。

ピカソがこどもを真似しているのか。

イキイキと自由なフィーリングが楽しい。

息子と観れてよかったな。

f:id:hynm_momou:20181031145832j:plain

ちょっとお茶してからほっこり足湯を楽しんで、

f:id:hynm_momou:20181029140954j:plain

前回も撮影した目玉焼きで写真を撮ってから、

f:id:hynm_momou:20181029143214j:plainf:id:hynm_momou:20181031150219j:plain

お待ちかねの宿へ。

宿の大きな自動扉が開くと、そこには、、

『夢の本棚』が拡がっていた!

チェックインを済ませてから夕食まで、想い想いに時間を過ごす。

専用の露天風呂で身体を緩ませてから、ホテル内を探検。

シアタールームや大浴場。

ところどころにコーヒーやお茶、スナックを楽しみながら 本を読むスペースがある。

素敵なクリエーターが選ぶ素晴らしい本のセレクト達。。

息子が喜ぶ絵本も沢山ある。

気に入った本は、自由に部屋に持って帰って寝転びながら読んでもよい。

もちろん、購入も出来る。

なんて幸せな場所なんだろう☆

f:id:hynm_momou:20181031151209j:plain

f:id:hynm_momou:20181031151244j:plain

f:id:hynm_momou:20181031151325j:plain

食事は、こだわりの素材を使ったイタリアン。

お酒も美味しく、一味違うおしゃれな味を堪能出来た。

女一人旅の方も多そうだ。

子なしでひきこもるのにも最高だな。笑

f:id:hynm_momou:20181031151750j:plain

f:id:hynm_momou:20181029183435j:plain

次の日は、起きがけすぐに大浴場へ。

秋の涼しくて爽やかな風が頬に心地よい。

露天風呂のお湯は、乳白色でぬるめの温度。

室内のお風呂と交互に入って身体を温めた。

f:id:hynm_momou:20181030071206j:plain

部屋に戻ると、さっきまで寝ていた息子が旦那さんと絵を描いていた。

f:id:hynm_momou:20181031152238j:plain

朝食は、下のカウンターで。

焼きたてのクロワッサン🥐が絶品だったな!

f:id:hynm_momou:20181030083351j:plain

この日は、Tiffany達、旅の最終日。

旅の終わりにここに来れてよかったと言ってくれた。

ありがとう○

日本の秋。

読書、食欲、芸術の秋を、味わうことが出来たかな?

また、ハワイで会おうね。

f:id:hynm_momou:20181030111402j:plain

Mahalo