読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐世保グルメツアー

サンクスギビングデーがアメリカ人にとっていかに大切な日かということは、NYに住むまで知らなかった。

NYに越してきてまだ1カ月の頃。

サンクスギビング前日に、共通の知人のホームパーティーで初めて旦那さんと出会った。

次の日、私は仕事で日本に1度帰国したので一緒にターキーを味わうのは1年後になるのだが、アメリカ人の旦那さんを持ってからは 毎年必ず大切な人達とターキーやパンプキンパイ、甘〜いマシュマロなどの食事を共にするようになった。

学校で習ったサンクスギビングの由来を聞いても、なんだかちっともピンと来なかった。

だけど クリスマスと並んで、とにかく家族みんなが集まって お互いに感謝して過ごすこと。

そのことが大切なようだ。

日本では、お正月がそれに当たるのかな。

日本に引っ越してからは、偶然にもハワイの米軍基地で働いていた旦那さんの兄が佐世保に移動になり、

毎年この時期に ターキーを持ってうちに泊まりに来ては フルコースを作ってくれていたのだが、

今年は私達が 佐世保の彼の家にお邪魔することになった。

美味しいものに目がない義理兄によると、佐世保には安くて美味しいものが山のようにあるらしく、着くなり1日の食事とツアーのリストを話してくれた。w

お昼頃 着いてまずは、お肉やさんのメンチカツとコロッケ2つ。

これがものすご〜〜く美味しい♡

食べながら佐世保バーガー”らりるれろ”へ。。

f:id:hynm_momou:20151207232857j:plain

おいしすぎてペロリと平らげてしまったため、入らないかと思いきや、バーガーにポテトも完食。

私達が食べている間 息子は、店にあるレトロなスロットでパトカーを当てていた。笑

f:id:hynm_momou:20151207233025j:plain

確かになんだかすごく美味しい◯

が、 しかし、夜は焼き肉だという。。

食べたい。だけど、流石にちょっと厳しいかも。。

夜は、頼んだ2倍の量のお肉がサービスで出る日だったらしく 大量の肉をサササッと焼いてガンガン食べる義理の兄。。

結局 私もマイペースにアイスクリームまで完食。笑

次の日は、サンクスギビングデー。

夜は パーティーのため、お腹に隙間をと、思いきや お兄ちゃん、朝から炒飯を作ってくれている。

彼の作る炒飯は絶品なのだが、ここはひとまず遠慮しておいた。

そこから クルージングツアーと水族館◯

凍えるような寒さだったけれど、人も少なく大満喫☆

f:id:hynm_momou:20151207234537j:plain

f:id:hynm_momou:20151207234631j:plain

f:id:hynm_momou:20151207234716j:plain

お昼は、ラーメン。

無理だと思いきや、これまた美味しくて完食してしまう。

夜。パーティーには佐世保のベースで働いているママとその家族達が沢山来てくれて、みんな優しいし 息子は本当に楽しそうだった♪

私も楽しんだけれど、残念なことに とうとう食事やお酒が全く入らなくなってしまった。笑

f:id:hynm_momou:20151207235130j:plain

次の日も、動物園に焼き物の街の素敵なカフェや お店へ行って たっぷり楽しんだ。

f:id:hynm_momou:20151207235738j:plain

f:id:hynm_momou:20151207235817j:plain

夜は、念願のお寿司◯

私の お腹は もう休みたがってはいたけれど、どうにかしてお寿司だけは食べたいと 。。 苦笑

またまた ものすごく美味しくて、しかも驚くほど安い!

佐世保、確かに本当にすごい★

次の日は、1日外して ブラックフライデー

これも、アメリカに住んで初めて知ったSALEの日。

NYでは、殺しあいのようなアグレッシブな人々の戦いをニュースで観ているだけだったが、佐世保のベース内はアメリカにトリップしたようで。それでいてデパートは ガラッと空いていて 。。

特に何も買わなかったけれど、なんだかちょっと不思議な感じで面白かった。

それから、車大好きな息子は ゴーカートのある公園にも連れて行ってもらった。

ハンドルを握る丸いシルエットの息子の瞳は、本気だったよ。

f:id:hynm_momou:20151208001523j:plain f:id:hynm_momou:20151208010305j:plain

最後に、友達から教えてもらった佐世保のディープなお店が集まるエリアでショッピングも楽しんで、佐世保ツアーは無事幕を閉じた。

その後は、福岡の叔母の家から糸島の友人を訪ねる予定だったが、 あまりの飛ばしすぎに身体が悲鳴をあげ、叔母の家でゆっくりすることに。。

お兄ちゃんのホスピタリティーに感謝と、マッチョな胃袋にびっくり!

の、佐世保ツアーでした◯

ごっつぅあんです。