変化すること

11月20日

今日は、家族でSOHOにある 『Color Factory 』という所へ行ってみることに。

f:id:hynm_momou:20181122235814j:plain

朝10時過ぎに到着すると 案内の人に予約はしているか?と、聞かれる。

予約が必要とは知らなかった。笑

次の空いている時間は12時と言われて ぽっかりと時間が空いてしまう。

オンラインで予約をした後、ぷらぷらと公園やお店に寄りながら、住んでいた時よく行った 『Numero28』というピザ屋へ向かう。

f:id:hynm_momou:20181123000205j:plain

2年前に来た時は、行けなかったので来たのはかれこれ5年ぶり。

扉を開けると、内装も雰囲気もあの頃のまま全く変わっていなかった。

私達が1番乗り。

ゆったりと席につき、半分マルガリータ、半分生ハムのピザと白ワイン、息子はりんごジュースを頼む。

暫くして、細長くて、美しい薄めのピザがやってきた。

f:id:hynm_momou:20181122235854j:plain

f:id:hynm_momou:20181122235932j:plain

日本サイズに慣れてしまい、どの料理も前より大きく感じるが、ワインで気分もよくなり幸せな気持ちでペロリと平らげる。

f:id:hynm_momou:20181123000014j:plain

時間も迫ってきたので、ほろ酔い気分でfactoryへ戻る。f:id:hynm_momou:20181123000119j:plain

入るとすぐ、フリーの餅アイスのサービスがあった。

息子は、ストロベリー味を選ぶ。

ガイドの人達は、カラフルな繋ぎを着こなしていてそれぞれ個性的で可愛い。

f:id:hynm_momou:20181123000304j:plain

f:id:hynm_momou:20181123001609j:plain

f:id:hynm_momou:20181123000544j:plain

中の具体的な説明は、行かれた時のお楽しみにした方がよいかも知れない。

12の部屋があり、それぞれに色々な体感アトラクションが楽しめる。

f:id:hynm_momou:20181123000643j:plain

f:id:hynm_momou:20181123000855j:plain

f:id:hynm_momou:20181123000918j:plain

f:id:hynm_momou:20181123000945j:plain

所々にphotoブースがあり、写真はメールで送ってもらえたり、インスタ映え(?)しそうな可愛い場所も沢山ある。

発想が今っぽくて、新しいな と感じた。

f:id:hynm_momou:20181120135436j:plain f:id:hynm_momou:20181120135422j:plain

今回、私がいた頃にはなかったこういう場所が沢山増えていることに驚く。

街を歩くと、お店もどんどん変化して 生き物のように常に変化しているNY。

初めてNYを訪れたのは、90年代頭。

15歳だった。

地下鉄は、グラフィティーだらけで夜に最後尾に乗ると殺されると言われ 、慌てて車両を変えたことを覚えている。

数ヶ月滞在して、"tunnel"などの今はなき クラブでやるファッションショーに参加したり、刺激や沢山の出会いに溢れていた 97年頃。

まだまだブルックリンや私達が今回滞在しているイーストヴィレッジのアベニューa.b.c等は、夕方歩いていると怖さを感じた。

911の起こる3日前に弟がNYへ留学。

それ以降、遊びに行って感じたのは、

街の人々がおとなしくなり、個性がなくなった気がしたこと。

今では街は安全になり、変な所にさえ行かなければ、夜出歩いても地下鉄に乗っていても怖いことは殆どない。

インターネットが普及し、世界中どこに居ても、オンタイムで繋がることが出来るようになった。

時々、街が綺麗で安全になったと同時に、人々に緊張感がなくなり、本当に面白いファッションやアートが少なくなったんじゃないか?と、思ったりもする。

でも、きっとこの変化はよいことだと思う。

息子達が大きくなる頃には、世界の壁はもっとなくなり、それぞれの文化を尊重し学びながら、人類が一つになる方向性が出てくるだろう。

私達には想像もつかないような世の中になっているかも知れない。

色々な不安や問題はあるけれど、考え方や発想次第で可能性はきっと無限にある。

世界の変化を面白がりながら、これからも人生の旅を続けて行きたいな○