JAMROCK2018

日本に帰って来て12日目。

NY の後は、Miami(フォート ロダデール)に飛び1泊した。

そこから”Jam Rock”というレゲエな(笑)豪華客船に乗り、Jamaica に寄って帰ってくる 5日間の船旅へ。

カリブ海の真ん中で過ごしたひとときは、あまりに濃すぎてあっという間に過ぎ去ってしまい 、なかなかゆっくり振り返る時間が持てずにいた。

濃すぎて纏めるのが難しいけれど、JAMROCKの思い出をなんとなく書いてみようと思う。

15才の頃、うちの学校の隣にあるインターナショナルスクールの男子達と友達になった。

当時の彼らは、日本の学校の私達に比べ、大人びていて カッコよく、英語もペラペラ。

憧れの存在だった。

彼らが”Mighty Crown “ というレゲエのサウンドシステムを作りパーティーを始め、横浜のスケーターや若者達の溜まり場ができた。

今に比べると、若いうちにみんなよく大らかに遊んでいたな、と思うけど。笑

その後、NY に住んだり、それぞれにレゲエの道を極めた彼らは "Fire Ball”と”Mighty Crown “のDJとして活躍。

サウンドクラッシュ(持っているオリジナルのレコードやセレクト、喋りで競い合う)では、NY やJamaicaでワールドチャンピオンになったりと、日本人初の素晴らしい快挙を遂げた。

始めた頃からの彼らを知っている私は、

いつもまっすぐに目標を掲げ 進んできたみんなの自信に満ちたパフォーマンスをみる度、勇気とパワーをもらってきた。

最近また MightyのDJ、Sami T の奥さん なみちゃん と遊ぶようになり、JAMROCK船の話を聞く。

ボブ マーリーの息子がプロデュースする1000人以上が乗れるレゲエパーティ船。

名だたるレゲエアーティストが乗りこみ 朝から晩までライブが行われているという。

Mighty Crown は、この船のサウンドクラッシュで3年連続優勝をしているそうだ。

兎に角、"最高に楽しい"という彼女の話を聞き、私も体験したいと思うようになった。

船の予約がすぐいっぱいになってしまうので、ほぼ1年前に思い切って予約。

人生一回!今がその時○笑

待ちに待ったこの日。

ホテルからシャトルバスで港へ向かうと、ウォータースライダー付きのでっっかい船🚢が待っている。

チェックインの列に並ぶと、すでに世界中から集まったレゲエ好きの人々でいっぱいだった。

どの人も、これから始まるパーティーの期待に胸膨らませ、幸せそうな雰囲気。

船の中は、まるで大きなホテルの中のよう。

ゲームセンター、カジノ、ジム、ジャグジーやキッズプール、バスケットコート、サーフィンができるアトラクションやウォータースライダー、逆バンジーなどもある。

f:id:hynm_momou:20181202142533j:plain

f:id:hynm_momou:20181220140735j:plain

ヨガや色々なレッスンも受けられるし、

毎日、明け方から始まるラスタマンのナイアビンギ。。

ディズニーランドのキャラクターのように、豪華なレゲエアーティストが船中を歩いている。(レゲエ好きには堪らない様子。)

コースメニューを頼めるレストランからpizza屋、カフェ、なども食べ放題。(お酒や場所によっては有料)

夜中にふらっと紅茶とフルーツを持って、摘みながらライブをみることも出来ちゃう。(なんて自由!)

眠ければ、部屋に戻って15分仮眠してからまたパーティーへと繰り出せる。笑

日本食レストラン(有料)もあったよ!(美味しかった!)

f:id:hynm_momou:20181205130056j:plain

shoppingも出来るし、後から知ったのだが、キッズクラブまで付いていた!(最後の2日間だけ利用。息子も子供達と遊べて嬉しそうだった。)

f:id:hynm_momou:20181220140847j:plain

私達の部屋は6階でどこに行くにもとても便利。

f:id:hynm_momou:20181201203427j:plain

100聞は、1見にしかず。

日々盛りだくさんな内容に寝る間も惜しんで遊ぶ日々だった。

初日、この船のプロデューサーであるダミアン マーレーのライブの存在感に圧倒される。

文句なしに、かっこよかった❤︎

2日目のドレスコードは白。

待ちに待った”Mighty Crown “の90's バッシュも Sami Tの誕生日と共に始まり、最高の盛り上がりをみせた。

f:id:hynm_momou:20181220141642j:plain

f:id:hynm_momou:20181220141721j:plain

世界中のレゲエファンにとって、日本のMighty Crown は レゲエ界のブルース リーなんだと認識した瞬間だったな。

昔から自信に満ち溢れていて、カリスマ性のあったSammy、Simon だけれど、これだけの凄いアーティスト達の中、日本人が、クラッシュ3回連続優勝🏆を飾れるって 本当に凄いことだと思う。

そんなカリビアンスターの彼らだけど、普段は毎日、みんなで夜ごはんを食べ、しょうもないギャグで大笑い。

今回は、Sammy の高校3年生の息子ゆうとも一緒。

みんなで和気藹々に楽しい日々を過ごしたよ。

f:id:hynm_momou:20181221122959j:plain

つづく